本ページはプロモーションが含まれてます。

旭岳の絶景を一望!気分は空中散歩・ロープウェイで広がる大自然

大雪山は、日本一雪解けが遅く、紅葉が日本一早い訪れるといわれます。
北海道の最高峰の旭岳、白煙を上げるその姿は、どの季節に見ても美しい山です。

旭岳の景観をより楽しむのには、「旭岳ロープウェイ」に乗るといいでしょう!
旭岳は2,290メートルの高さがありますから、いざ登山といいますと大変なような気もしますが、ロープウェイに乗ると、標高1,100メートルの旭岳温泉から標高1,600メートルの旭岳の五合目まで一気に登ることができます。
途中ロープウエイの中からの景観はもちろんのこと、旭岳を目前に臨みながら、姿見の池などを散策しながら見る姿は、まさに「カムイミンタラ」(神々が遊ぶ庭)そのものです。

大雪山の山々は、本州の3,000m級の山に匹敵し、日本アルプスでは2,500メートル級の山でないと見れない雪渓、湖や沼、高山植物、寒地昆虫などが、わずか1,400メートルから1、500メートルのところで見ることができ、ロープウェイを降りるとそこは別天地です。

「旭岳温泉」おすすめホテル3選
ペンション ケンとメリー
大雪山系を一望できる広い庭とテラスが自慢。「ケンとメリーの木」の傍に建つ可愛いペンションです。/JR 美瑛駅よりお車にて5分
コメント数 : 5
★の数(総合): 5.00
天人峡温泉 御やど しきしま荘
壮観な峡谷に包まれるように佇むお宿。山・海の幸、温泉露天風呂で非日常の癒しを。/車で旭川空港/40分 旭川市街/60分 美瑛/40分 旭山動物園/50分  東川町中心地/35分
コメント数 : 139
★の数(総合): 4.69
旭川旭岳温泉 湯元 湧駒荘
楽天トラベルアワード2014北海道レジャー部門☆金賞☆受賞!!美瑛・富良野からのアクセスもok!/車で/旭川市旭山動物園より50分/旭川空港より40分/美瑛より40分/富良野より90分/旭川駅発旭岳行きバス旭岳温泉入口
コメント数 : 648
★の数(総合): 4.60
楽天ウェブサービスセンター

今回は、日本で一番早く紅葉が見れる旭岳ロープウェイについて所要時間や料金などと旭岳の四季についても詳しくご紹介します。

旭岳温泉と旭岳5合目を結ぶ旭岳ロープウェイ

旭岳ロープウェイは、北海道東川町の旭岳温泉にある山麓駅と旭岳の5合目の姿見駅を結ぶロープウエイです。
山麓駅は、標高が1,100メートル姿見駅は1,600メートルの高所にあります。
眼下には、雄大な大雪山国立公園の森林地帯を見下ろし、まさに空中散歩、四季折々の景色も楽しめて、手軽ということもあってシーズン中は結構な賑わいを見せます。

特に人気なのが、紅葉の季節
旭岳の例年の紅葉の見頃時期は9月中旬~10月中旬で10月の初めには初雪も見られます。
北海道は、日中と朝晩の寒暖差が大きく鮮やかな紅葉が見られます。
赤色・黄色の広葉樹に針葉樹の緑がバランスよく混じり素晴らしいコントラストを見せること。
雪が降ると、それに白がアクセントになり一段と美しさが増します。
まさにここだけの光景ですね。
ちょっと寒いですけど必見です。

ロープウエイから森林を見ると、標高1,400メートルのあたりまでは、背丈の高い木が多くこれを過ぎると背丈の低い木に変わってきます。
これを森林限界というそうで高緯度だったり・乾燥地方や高山で,環境条件が悪いため森林が成立できなくなる限界線のことです。

大雪山の山麓の低海抜地域は広葉樹を主とする森林です。
標高が高くなるに従いトドマツやエゾマツの針葉樹が多くなってきます。
さらに標高が高くなると、アカエゾマツやダケカンバの林となり、山頂近くなるにつれ高山植物帯へと変わります。
このように北海道の代表的森林の姿が見れる世界的にも貴重な地域です。
これが、ロープウェイの中から見るなんて他では体験できませんね。

旭岳ロープウェイの所要時間と運行間隔

旭岳ロープウエイは、1度に101人までが乗車できる旭岳観光のメインスポットです。
6月から10月のトップシーズンには、満員になる事があるほどの人気です。

山麓駅と姿見駅は長さ2,361メートルのケーブルで結ばれていていて、所要時間は片道約10分で運行されています。

ロープウェイ運行間隔は、
6月1日~10月20日までは、15分間隔 (00・15・30・45)
10月21日~5月31日は、20分間隔 (00・20・40)

一年を通して運行しています。
・犬は乗れませんので注意してください。

旭岳ロープウェイの料金

ロープウエイ料金は、シーズンによって料金が変わります。

普通運賃 シーズン(10/21~5/31)
往復券
大人(中学生以上) 2,400円
小人        1,600円
片道券
大人(中学生以上) 1,400円
小人        1,000円
団体運賃(20名様以上)
往復券
大人(中学生以上) 2,200円
小人        1,450円
片道券
大人(中学生以上) 1,300円
小人         900円
障がい者運賃(要手帳・MIRAIRO画面提示)
第1種障害者(身体・知的)
第1級障害者(精神)
ご本人様と介護者1名
大人(中学生以上) 1,200円
小人         700円
第2種障害者(身体・知的)
第3級障害者(精神)
第2級障害者(精神)
ご本人様のみ
大人(中学生以上) 1,200円
小人         700円
トップシーズン(6/1~10/20)
往復券
大人(中学生以上)3,200円
小人         1,600円
片道券 
大人(中学生以上)2,000円
小人                     1,000円           

団体運賃(20名様以上)
往復券
大人(中学生以上)1,800円
小人                       900円
片道券
大人(中学生以上)
小人
第1種障害者(身体・知的)
第1級障害者(精神)
ご本人様と介護者1名
往復券
大人(中学生以上) 1,600円
小人           800円
片道券
大人(中学生以上) 1,000円
小人           500円
第2種障害者(身体・知的)
第3級障害者(精神)
第2級障害者(精神)
ご本人様のみ
往復券
大人(中学生以上) 1,600円
小人          800円
片道券
大人(中学生以上) 1,000円
小人           500円

旭岳の四季

旭岳は、季節をしっかり感じることができる山です。
そんな旭岳の四季を紹介します。

旭岳の春

旭岳の春は5月下旬ころから始まります。
5月下旬から6月中旬旭岳山麓では、雪解けに水が湿地に流れこみ、ロープウェイの旭岳温泉駅の裏手に広がる湿原では、ミズバショウやエゾノリュウキンカが咲き春の訪れを感じます。
遊歩道の木道からの眺めを楽しむことができます。

旭岳の夏

標高1600mのロープウェイの姿見駅の周辺は、お花畑の広がるビューポイントで6月中旬~8月中旬頃までの夏の季節には高山植物が咲き乱れます。
姿見の池があり、青く輝く水面に映る旭岳を見ることができ、夏の時期には可憐な花々とともに神秘的な景色を見ることができます。

旭岳の秋

8月下旬には秋の気配が感じられます。
旭岳の紅葉は早く8月末頃から始まりますが、姿見の池・裾合平周辺では9月15日から25日ころ、見頃は9月20日前後です。
旭岳温泉やその周辺では、9月28日ころから10月15日ころまで、見頃は10月1日ころです。
ロープウェイから望む. ナナカマドやダケカンバの赤、黄、緑の コントラストは、まるで錦絵を見るような素晴らしい紅葉が広がります。

旭岳の冬

10月の始めには初雪が降る旭岳では、道内最高級のパウダースノーで12月中旬から5月の連休くらいまでは、山岳スキーを楽しむことができます。
また、霧氷や風紋といった自然の造形物が見られたり、タイミングが合えば、ダイヤモンドダストサンピラーなどの珍しい現象も見ることができます。

旭岳のお土産

ロープウエイ山麓駅やホテルの売店などで旭岳オリジナルのお土産が販売されています。

旭岳の名前やロゴが入ったTシャツやパーカーにロープウェイスタッフが着用している帽子とかステッカー。
ビールや旭岳サブレなどここでないと買えないものもたくさん販売されています。

旭岳温泉で人気のホテル・ラビスタ大雪山

「ラビスタ大雪山(共立リゾート)」は、温泉・お料理・お部屋・接客どれをとっても素晴らしいと大変人気のホテルです。

ゆったりしたお部屋で旅の疲れがいやせます。

食事は、 創作フレンチコースと創作和食コースから選べます。
朝食は、和洋食のバイキングでこれとっても美味しいと人気です。

旭岳温泉の源泉かけ流しの温泉を大浴場のほかに、3ヶ所の無料貸切風呂で楽しめます。

このホテルの紹介記事はこちら>>
https://kitakitune.com/3544.html

旭岳ロープウェイのまとめ

大雪山は、日本一雪解けが遅く紅葉が日本一早い訪れるといわれます。
北海道の最高峰の旭岳、白煙を上げるその姿は、どの季節に見ても美しい山です。
旭岳の景観をより楽しむのには、「旭岳ロープウェイ」に乗るといいでしょう!
旭岳は2,290メートルの高さがありますから、いざ登山といいますと大変なような気もしますが、ロープウェイに乗ると、標高1,100メートルの旭岳温泉から標高1,600メートルの旭岳の五合目まで一気に登ることができ、そこはまさに「カムイミンタラ」(神々が遊ぶ庭)そのものです。
大雪山の山々は、本州の3,000m級の山に匹敵しロープウェイを降りるとそこは別天地です。

旭岳ロープウェイは、北海道東川町の旭岳温泉にある山麓駅と旭岳の5合目の姿見駅を結ぶロープウエイです。
眼下には、雄大な大雪山国立公園の森林地帯を見下ろし、まさに空中散歩、四季折々の景色も楽しめて、手軽ということもあってシーズン中は結構な賑わいを見せます。

特に人気なのが、紅葉の季節
旭岳の例年の紅葉の見頃時期は9月中旬~10月中旬で10月の初めには初雪も見られます。
北海道独特の鮮やかな紅葉は、赤色・黄色の広葉樹に針葉樹の緑がバランスよく混じり素晴らしいコントラストを見せ、雪が降ると、白がアクセントになり一段と美しさが増します。
まさにここだけの光景、ちょっと寒いですけど必見です。
ロープウェイからは、森林限界が見られこれは、高緯度だったり・乾燥地方や高山で,環境条件が悪いため森林が成立できなくなる限界線のことです。
北海道の代表的森林の姿が見れる世界的にも貴重な地域です。

旭岳ロープウエイは、1度に101人までが乗車できる旭岳観光のメインスポットです。
6月から10月のトップシーズンには、満員になる事があるほどの人気です。
片道10分で6月1日~10月20日までは、15分間隔 10月21日~5月31日は、20分間隔で運行しています。
シーズンによって料金が変わります。

旭岳の四季
5月下旬から6月中旬が旭岳の春、雪解けが進みミズバショウやエゾノリュウキンカが咲きます。
6月中旬~8月中旬頃までの夏の季節には高山植物が咲き乱れます。
8月下旬には秋の気配が感じられ、旭岳の紅葉が始まります。見頃は10月1日ころです。
10月の始めには初雪が降る旭岳では、道内最高級のパウダースノーで12月中旬から5月の連休くらいまでは、山岳スキーを楽しむことができます。

旭岳ロープウエイに乗って姿見の池の散策をしたり、思い切って登山を楽しみその後は、ゆっくりと旭岳温泉でリフレッシュするのもいいですね。

絶景と温泉に可憐な高山植物、秋の紅葉も素晴らしいです。
是非とも見ていただきたい観光地ですね。

高山植物が咲き乱れ、たくさんの湖沼、きれいな滝とまさに神々が遊ぶ庭大雪山連峰。
旭岳と天人峡の2つのシンボルがある街、東川町は見所満載の観光地です。
まとめ記事を書きましたのでご覧ください。

北海道東川町の魅力を巡る旅!旭岳・温泉・東川観光スポット・天人峡
北海道のほぼ中央にある東川町は、東部は日本国内最大の山岳公園「大雪山国立公園」の一部で全面積の70%は森林です。 北海道の最高峰大雪山の旭岳・柱状節理の見事な天人峡の二つのシンボルのある街です。 アイヌの人たちは、大雪山を「カムイミンタラ」...

コメント